オプションの対応可否

オプションの金額は、基本的に内容のハードさで上下してきます。ライトなコスプレが2,000円程度、ぶっかけやごっくんが2,000~5,000円ほどであるのに対し、AFことアナルファックやSMプレイともなれば、高級店になるとそれこそ10,000円以上に設定されている場合まであります。儲けだけを考えれば、やはりハード系を積極的にやるべきかとも思われますが、ハードなだけに得意不得意もでてきます。アナルファックとは、つまり肛門でのピストンになります。本番でないため、妊娠の心配は必要ありませんが、痛みや衛生面、羞恥心といった部分で負担が大きいです。SMに関しても、同じことがいえるでしょう。

ですが、心配の必要はありません。お店としてそういったオプションが用意されている場合であっても、不得意オプションについてはNGを申告しておくことで拒否することも可能になってきます。可能オプション、不可オプションそれぞれをあらかじめ申告して、無理なく働けるよう工夫してみてください。前述の通り、風俗ではいかにオプションをつけてもらえるかで稼ぎはがらりと変わってきます。ですが、無理してまで頑張ってしまうと、その場でがっつり稼げても長続きできなくなってしまうかもしれません。自分のペースで、楽に楽しみながら稼げるよう、できる範囲内でOKオプションを増やしてみると良いでしょう。

 

オプションは結構おいしい

オプションがつくと、同じ時間内の勤務でも稼ぎが全然違ってきます。それこそが、オプションがおいしいといえる理由です。では一体、なぜ稼ぎアップに繋がるのでしょうか。

理由は、バック率にあります。通常プレイによるバック率は、デリヘルに限らず風俗業界全体で平均して50~60%となっています。例えば、60分15,000円のコースを頑張れば7,500~9,000円、30,000円のコースなら15,000~18,000円がバック額となる形です。これでも、時給としては一般的なアルバイトや会社勤務と比べれば、かなり好条件といえます。ですがせっかく風俗勤務するわけですから、できる限りたくさん稼ぎたいといったところです。その点、オプションがつくとかなりおいしいです。なぜならオプションは、100%バックであるケースも少なくないためです。つまり、オプションをつけてもらってプレイすれば、その分全額がお給料にプラスされるというわけです

オプションといえばサブ的な響きかもしれませんが、侮れません。中には一つ5,000円、10,000円といった高級オプションも存在しており、場合によっては同じ時間働いて倍以上の報酬を得ることすら期待できます。仕事を探す際は、ぜひ注目するべき点といえます。